鮎狂 

イーハトーブの自然でアドレナリン全開のアウトドア日記。

大震災

復興支援ポスター

にほんブログ村 渓流釣り←クリックよろしくです!!
どぅもですっ。
ドンヨリ曇って今にも降りそうで振らない盛岡。
鮎解禁、秒読み一雨欲しいです・・・。

さて震災も3ヶ月が過ぎ、様々な復興支援がされています。
それは色んな形で、その人の出来る範囲で続けられればと思います。
盛岡にスタジオを構えてる、彫英さんが届けてくれました、
P6171656
力強い言葉、まさに、この通り。
諦めた時点で、ゲームセット。
この精神は一番の基本ですよね・・・。
横浜三代目彫よしさんが、
復興のために書き下ろしたポスターです。
P6171652
そして、
カットしながら、仕事の話し・・・。
店を構える物同士だからこそ分かる事。
お互いに頑張りましょね!!
ちなみにkim hairのオープンの時に頂いた、
鯉の滝登りの絵、店の入口に飾ってあるやつ。
P6171658
彫英さんの書いた絵だったんですよ〜!!
tattooに興味がある方は見てみてくださいね♪
作品集です。
http://futurism-tattoo.com/
それじゃまた(゜-^*)/←ついでにクリックよろしくです!!


2回目・避難所へカットに。

先週の日中にサロンワークをこなしていた午後、
1本の電話が。
声の主は先週避難所カットに行った時にお世話になった、
市役所の方からだった。
内容は赤前地区でのチャリティカットの依頼であった。
僕は二つ返事でOKしたのだが、
今回は単独になるので、人数をあまり、こなせない事を伝えた。

先週とは違い、いくらか春っぽくなった106号線をはしる。
三陸道を下ったあたりで景色は一変する。
45号線を南下し、重茂方面へ・・・。
P4110987
目の前には手つかずの瓦礫。
ほとんど撤去作業が進んでいない地区であった。
赤前小学校への道も分からない状態。
P4110989
言葉を失い、ただ呆然とするのは僕だけではない。
実は、
助手席に座っている強力な助っ人も同じである・・・。
やっと小学校らしき建物を発見!!
P4110986
地震で曲がってしまい、本当の方向を指してくれているのだろうか??
半信半疑でその方向へ走らせると、
小高い丘の上に避難所はあった。
車を駐車し、中へ歩を進める。
P4110964
今回、僕に2つ返事で同行してくれた、熱い男は・・・。
川村コーポレーション・マネージャー、
カズヒト氏だ。
早速、市の職員さんに、今日カットする部屋を案内してもらう。
準備をし、8時半からのスタート。
P4110970
カズヒト氏のハサミが軽快に動くと、
被災者の表情もリラックスしているようだ。
P4110967P4110971
子供たちからお爺さんまで幅広く対応する姿はさすがだった。
さて僕も・・・。
P4110980P4110968
僕らが来る事が、カレンダーに書かれ、
楽しみにしていてくれたようだった。
カットが終わると深々とお礼をされ、
その瞬間・瞬間は、究極にこの仕事をしていて良かったと、
カズヒト氏と話した。
昼になると、
P4110973
なんと、我々の分まで、炊き出しを準備してくれていた。
これには驚きと感激の気持ちでいっぱいだ。
P4110976
赤前小学校の副校長先生に撮ってもらった1枚。
最高に美味い飯だった。
休憩中にコーヒーまでご馳走になった、避難所のおばちゃん、
スゲェ嬉しかったよ!!ありがとう!!!!!
時間が少々あったので周辺を見て回ったのだが、
この小学校には仮設の診療所も設けてある。
P4110982
静岡のボランティアの医師団が3日交代で、常時つめているそう。
被災者の方も感謝していて、心強いと言っていた。
岩手のために、本当にありがとうございます。
休憩を終え、
午後もカットを進めていき、最後の方が終了したのは、2時過ぎ。
今日は震災があった日からちょうど1ヵ月。
体育館のステージには慰霊の花。
その黙祷を迎える前に僕らは避難所を後にする。
P4110981
帰り際にそのステージ前で、
僕らが紹介され、拍手で皆さんに送って頂いた。
これにも感動し、
被災者の方に一時の安らぎを提供できた事を本当に嬉しく思った。

僕らは、家があるので帰る事ができるが、
被災者のみなさんは、その家がない。
職場すらない。
残っているのは住宅ローンやマイカーローン。

これからの展望もない状況。
実際みなさんとふれ合う事で肌で感じる。
この先どうなるのかと・・・。
複雑な思いで避難所を後にしたのだった。








無数の霊に・・・。

宮古の藤原小学校を後にした僕らは、
今後の活動の視察をかねて、
通行可能になった45号線を南下し、396号で帰るコースを選択した。
今度の月曜日、ダイスケはCOOLのスタッフさん達と釜石に行くという。
僕は単身で、宮古の津軽石地区、赤前小学校への出陣が決まっている。
待っていてくださいね、赤前地区のみなさん!!
その地区周辺は、このような状態です・・・。
P4040930
今度の行き先は全国でも有名な釣りのポイント、
重茂半島へ行く手前の玄関口でもある。
P4040932
さらに進み山田町、僕がロックフィッシュにはまった原点でもある、
思い出の場所は・・・。
P4040933
空気中は黄色い砂埃、作業せれてる方も厳しい状況です・・・。
P4040934
釣行時、トイレなど、お世話になったホーマックさんも・・・。
釣り船なのか・・・。
P4040940
三陸道の高台から見た状態。
P4040941
中心地も壊滅的な被害・・・。
P4040944
すべてを飲み込む津波・・・。
P4040947
基礎部分だけが残っている・・・。
P4040949
大槌はMAKIの友達の店と自宅が流されてしまった・・・。
P4040954
ダイスケのホーム、両石漁港も壊滅状態。
海は何もなかったように穏やかだ・・・。
P4040955
僕の師匠の故郷、釜石市内。
ここも厳しい・・・。

陸前高田方面も報道の通り大変だ。

45号沿いのトンネルには無数の霊・魂が避難しているようだった。
おそらく、自分がこの世に居ないという現実もわからないのだろう・・・。
霊感が弱い僕でも感じるほどだった。

僕はできる限り協力していこうと、改めてトンネル内の霊たちにも誓った。

被災地にチャリティ・カットへ!!

色々な事が吹っ切れて、PMA(肯定的精神姿勢)に戻った僕は、
ある男にメールをした。
「今度の休みに被災地に行くぞ!!」っと。
帰ってきた返事は、
「ハイ、行きます!!」

最低気温マイナス3度を表示する区界峠。小雪降る106号線を走る。
宮古入りしたのは8時前であった。
目の前に見える光景はTVの報道とはまるで違う強烈なものだった。
P4040929
今回の目的は避難者のみなさんの作業が少しでも、
はかどるように、そしてリフレッシュしてもらうよう、
カットをしに行くことだった。
上の画像は、
宮古在住のマーボーさんにいろいろと情報を頂き、
市役所のボランティア化の職員さんに頼んでいただいていた、
チャリティ・カットの場所、
藤原小学校の目の前の光景である・・・。
P4040916
多少、迷ったが無事、避難所に着くことができた。
2つ返事で同行してくれたのは、おなじみのこの男。
P4040912
海をこよなく愛する釣り師、ナイトキラーことダイスケである。
盛岡市上田を中心にしたサロンCOOLの主任スタイリスト。
彼もまた、自分ができる事は何かと模索し、考えていたようだ。
P4040914
あれこれ考えるよりまず行動だべ!!
って事でチャリティ・カット。
ここの避難所には約50名の方が避難している。
P4040918
準備も早々に僕らはすぐにカットを開始した。
驚く事に前向きで明るいみなさんに逆に力をもらった。
P4040926
切り終わると、笑顔でお礼をされ喜ばれた。
現在は浸水した家屋の泥の除去作業が中心なのだそう。
P4040924
漁師のおじさんも疲れにみだったが、すっきり切りあがると、
これでまた頑張れると・・・。
P4040919
おばさん達は避難所に残り、炊き出しの準備。
みんなが協力・分担してこの危機を乗り越えようとしている姿に感動した。
なんと、昼の食事までもご馳走してくれるという。
僕らはおにぎりを準備していたので丁寧にお断りした。
少ない物資なのに、栄養ドリンクまで頂いた。
P4040927
2人分。
嬉しかった。
感謝される気持ちが、物凄く伝わった。
美容師人生を歩んできて本当に良かったと思える瞬間は、
お客さんに喜んでもらえ、その笑顔を見た時。
まさにその時であった。
P4040923
続けてカットしているとなんと宮古市長がお礼に来てくれた。
伸びきった白髪頭、ボウボウの髭姿、笑顔で
「助かります、ありがとうございます」っと。
どこの被災地もそうなのでしょう、
本当に街全体が一つになり復興にむけ、前向きです。
僕らは8時から3時過ぎまでで30人位切らせていただきました。
P4040931
帰り道に思った。
この無数のガレキに負けないくらいの希望の数を感じ、
始まりはこれからだ、
僕ら自身、今後もできる限り協力していこうと、そう思い、
宮古を後にした。


改めてPMA!!

やっぱし、この精神・・・!!

    時刻
  店情報はこちら
kim hairボタン
    リンク
   天気予想!?
    QRコード
QRコード