鮎狂 

イーハトーブの自然でアドレナリン全開のアウトドア日記。

遠征釣行

疾走

虫の歌声が虚しく響き、ススキが揺れる夜の河原に僕らは居た。
諦めきれずに鮎を追って、増水引水の濁りの残る阿仁川に遠征に来たのだ。
RIMG3358
台風前なのか、じんわり蒸し暑い夜。
到着後、一気に麦酒を流し込み、落ち着いた所でJACKが調理。
他愛もない話をしながら、麦焼酎ソーダ割りをゆっくりと味わい、
ほろ酔いで就寝。
RIMG3362
翌日、澄み渡る快晴、
それとは裏腹に濁りは残っており、
風も強かったが鮎釣りが出来るだけ幸せだろう。
RIMG3363
開始からポツポツペース、1箇所では釣り返しが効かない感じ。
新垢がかろうじて付きだした状況だと仕方が無いので、
移動しながら竿を出した。
RIMG3371
掛かる鮎は良型で、その引き味は格別。
沖に疾走する野アユとのやり取りがエキサイティングで最高だった。
RIMG3376
押しの強い瀬に立ち込み、流れも楽しんだ。
ここは北上川か??と勘違いするぐらい。
RIMG3375
流れにねじ込むと間髪をいれずにマシンガン、
この押しで引き味は「大河」同等だ。
RIMG3367
やや細身だが、爽快な釣りを楽しませてくれる阿仁鮎。
この水が完全に引き、垢が付いたベストコンディションで、
もう1度訪れたいと名残惜しかった。
RIMG3365
渓相も良く、綺麗な水、鮎の引き、食べても良しの阿仁川。
僕とJACKはすっかり魅了され、
来季から、この河川をもっともっと知りたいと思うのだった・・・。

〜追記〜
今回お世話になった菊池囮店さん、会津の鮎師さん、
どうもありがとうございました。
BIG RESPECT!!

約束の地

今ある時は二度と戻らない。
だから許された時を大事に、その与えられた時はある意味奇跡だから。
あらゆる事が咬み合ってできた大切な時間・・・。
RIMG3261
夏の思い出。
快晴の日本海沿いを北上、天気予報は芳しく無いが、
そこも引っくるめて思い出になる。
RIMG3264
向かった先は北の友が待つ、約束の地、青森県赤石川。
今年もJACKと鮎旅。
&地元名人のTKG。
RIMG3279
曇りがちな天気に変わってしまったが、飽きない程度に掛かる金鮎。
澄んだ水の中でキラリ反転する香魚は妖艶で、
いつも僕らを魅了してくれる。
RIMG3270
時より見せる晴れ間に映し出される、金鮎の姿を見ているだけで、
約束の地へお訪れて良かったと思う。
RIMG3303
IRIEな時は一人では成し得ない。
分かり合えた友が居てこそ成立する。
RIMG3271
まさに一生の宝でしょう。
JACKが居なければ、TKGが居なければこの時間は無かったのだから。
RIMG3301
そして何よりも最高のロケーションで釣れるフィールドも在ってこそ。
全てが揃うのも夏の奇跡。
RIMG3294
金鮎と戯れた後は秘湯で汗を流す。
これがまた最高だ。
RIMG3291
釣りよりも、風呂と飯を重要視するTKG。
まぁ、それも個性でしょう笑。
RIMG3298
そんな個性を知っているJACKは、
ちゃんと準備してくれているのだ。
RIMG3297
釣ったばかりの金鮎を焼き、
麦酒に焼酎のソーダ割り、
ほのかに香る蚊取り線香、
弾む鮎談義。
RIMG3295
2016年・夏。




ゆるい時間

生きていれば、色々あるでしょう。
イイ時間は24時間中わずかで、ほとんどは生きる為にしている事。
日常は当たり前では無く、幸せな事だと最近いつも思う。
RIMG2976
澄み切った夏空、通称晴れ男の僕、
遠征の際はいつも晴れるよね!!
RIMG2969
「オレも晴れ男だな・・・。」
そう言うシェフと2人で、ゆるい時間を楽しみに出掛けた。
RIMG2978
渓流相の県北河川、月曜だけあって、貸し切りなZIONの地。
あ〜でもない、こう〜でもないっていつもの様にお喋りして、
入川したポイントはHEY CREW、最強のコンビ、
NIGO氏とNIYA氏のとっておきのポイント。
RIMG2979
ガッツリプレッシャーだけど、なんとかなるでしょって事で、
釣り開始。
事細かにNIGO氏に聞いていたため、出だしから好調!!
RIMG2973
綺麗なやる気の有る鮎が次々と絡み至福の時間。
ダイワ鮎マスターズの下見、神経戦から逃れた僕らは、
素直な鮎達と素直に楽しんだのだった。
AZS!!

復帰戦

頭がお辞儀し始めた稲穂から出るSUN RISE。
7月から駆け抜け北東北の鮎も「最終盤」
RIMG2115
目に入る風景が一変する9月は、
寂しさを通りすぎて、刹那さを感じる時期がもう来ている。
RIMG2108
8月初旬、痛恨の膝の怪我で盛期の2週間も棒に振ったアロハセンセー。
まだ怪我が完全に完治していないので、チャラ・トロでのリハビリ。
RIMG2114
1匹目を掛けて、その鮎を手にした時、涙が出そうだったらしい・・・。
毎年毎日鮎釣りをしている事が幸せだったと。
RIMG2105
雲の隙間から時折見せる太陽と同時に、
野鮎の活性も上がり、入れ掛かりとなった。
RIMG2124
三重追い☆、やる気のある鮎が釣れるたびに、
僕らのアドレナリンもMAX。
RIMG2116
午後も移動せず、このポイント。
野鮎の活性は衰えずに維持し、
アロハセンセーの復帰戦に申し分の無い釣行となった。
さぁ、残りのシーズン走り抜けよう・・・。


TRIP

小学生の夏休み、川遊び毎日してたな〜。
アブに噛まれながら、カジカ突いて。
RIMG2039
そんな事を思い出した、深浦町の朝。
昨晩の宴会の片付けをJACKに任せて寝てしまい、
申し訳なかったが、ぐっすり睡眠で体調万全。
RIMG2043
稲穂の成長も順調だけど、それを見るのは少し寂しさを覚える。
僕らにとっての夏は特別なのだ。
RIMG2050
年魚・香魚、鮎。
この魚に魅了されると皆思う。
夏のひと時しか出会う事がないから。
RIMG2048
白神山地に囲まれ絶好の渓相、
良質な水と共にアブの大群、
それで釣れる鮎、ここ追良瀬川の鮎は銀鮎と呼ばれる。
RIMG2055
鮎旅の醍醐味は、語り尽くせないほど魅力的。
多くの鮎師は、そんなひと時のために日々がんばる。
RIMG2054
川の精霊、鮎という魚に会うためにね。
ゆったりした気分で、まったり2日目、
RIMG2052
1尾1尾の掛かるドラマが思い出になった。
最高だ!!
RIMG2061
またこうして、鮎旅に行こう。
川に立てる体力が続くまで。
RIMG2068
日本海沿いを走りながら、
2日間、素晴らしい思い出をくれた本州最北端の鮎河川、
赤石川・追良瀬川にBIG RESPECT!!


    時刻
  店情報はこちら
kim hairボタン
    リンク
   天気予想!?
    QRコード
QRコード