鮎狂 

イーハトーブの自然でアドレナリン全開のアウトドア日記。

鮎釣り

大河の恩恵

認めたくないが、夏の終わりは刻一刻と迫っている。
RIMG0410
一時の夏の日差し。
RIMG0423RIMG0419
釣れたての魚体は盛期。
RIMG0413
10号の鉛で瀬にねじ込む。
RIMG0415
それに答えてくれるだけで幸せだ。
RIMG0422
やがて鮎達は産卵を意識し始める。
そう、その時は近い。




サタデイ

初秋は近い。
赤とんぼが舞い、虫の音が淋しい河原の早朝。
RIMG0351
たまたま居合わせたSKRさんCREWが下に、僕は上流に。
水位も落ち着いて、条件はバッチリ。
囮を送り込み、馴染む前にマシンガン。
RIMG0350RIMG0347
出し掛かり、連発中にケンさん登場!!
RIMG0356
竿を出すなり1発!!
水位も丁度よく、グッドコンディション。
RIMG0368
SKRさんCREW、和気あいあいで楽しそうです。
仲間と笑い合える鮎釣りもまた最高です。
RIMG0365
前川君も遊びにきて、
土曜の中津川は楽しかったな〜。
残りの釣行、完全燃焼!!


ウド

連日の低温、水位は収まったものの、
日差しの無い状態が続いている。
RIMG0329
何故かウド鈴木だけは、夏を感じた。
いや、自分もまだ、夏を感じている。
RIMG0336
今の中津川、押しの強い芯に鮎が入っているようだ。
石裏やヨレでは反応なく、
芯を通すと激しいアタリ。
RIMG0339RIMG0338
RIMG0332RIMG0331
中型〜小型主体だが、
元気のイイ天然鮎が目印をマシンガンさせてくれる。
1割程混ざる放流物は23センチ程。
ここに来ての好調は嬉しい誤算だ。
2時間で18尾とまずまずの釣果。




復活の狼煙

岩手県内の河川も徐々に回復傾向。
ホーム中津川も新垢が付きだして、掛かりはじめた。
盛岡市内を流れる北上川支流のこの河川、
近場でちょっと時間が空いた時の釣行にもピッタリだ。RIMG0301
やや水量は多いものの、
新垢の付き始め、
激しいアタリと引き。
RIMG0297
スレンダーだが立派な天然鮎。
しばし入れ掛かりを堪能、
RIMG0310
仕事帰りの棟梁、パパも、
次々と入れ掛かりでメガトルクを曲げていた。
RIMG0314
kim hairでカッツ終了後、
サクっと入川、セガワ氏、怒涛の21連発!!
RIMG0316
3週間近く川止めだったのだが、
無事に育ってくれていたのは嬉しい誤算。
RIMG0319
やはり、瀬で掛かる鮎釣りは最高だ。
純粋に楽しい。
セガワ氏、パパも最高にイイ表情、嬉しそうだ。
鮎に一喜一憂、
やっぱり僕らは鮎釣りが好きなのだ。
RIMG0327
遠征も吉。
近場で空き時間に楽しむも吉。
さぁ、最終盤戦。
どこの河川も上向きなはず。
最後に最高の思い出を作ろう・・・。
2014年夏はまだ終わらない。

ヤマセ旋風巻き起こせ・前川敦史!!

今週末、いよいよDAIWA鮎マスターズの全国大会が近づいてきた。
僕がアロハセンセーに入門して3年目、
それと同時に、トーナメントに参加し始めた訳だが。
夢でもあり、目標でもある舞台に釣友、前川敦史選手が出場する。
P7052697
10年以上前、アロハセンセーから梁川の大会、
砂小沢釣具店の大会で若き鮎師がタイトルを獲った話しを聞いた。
それから、彼に注目していたらしいが、遂にこの時が来たのだ!!
北のトーナメンターは、中部では相手にされないらしいが、
短いシーズン、厳しい川で釣りをしている自負がある。
白川、低水温は地元・閇伊川は普通の状況。
そんなフィールドで釣技を鍛えたのだから、
勝機はある!!
行け!!
ヤマセ旋風を巻き起こせ!!
岩手のエース、
前川敦史!!

    時刻
  店情報はこちら
kim hairボタン
    リンク
   天気予想!?
    QRコード
QRコード