鮎狂 

イーハトーブの自然でアドレナリン全開のアウトドア日記。

鮎釣り

DAIWA鮎マスターズ2016

大会に出場する鮎師にとって最強の称号、それは。。。
DAIWA鮎マスターズで優勝する事である。
僕にとって雲の上の話だが、やる以上は最善を尽くし、悔いのないように

RIMG2986
舞台は雫石川・龍が暴れると言われる竜川。
ここは北のトーナメンターの聖地で、
数々のドラマを作ってきた、僕らの特別な地。
南国と違い実釣期間が極端に短く、
天然遡上がゼロという、決して恵まれた環境では無い。
RIMG2988
それでも、漁協さんはベストを尽くしてくれるし、
数々の枝沢から合流する清流は僕らの自慢なのだ。
味、魚体、渓相、利き鮎選手権でも2度勝っているぐらいイイ川。
RIMG2998
大会前はいつもの顔ぶれがしのぎを削る。
神経戦だよね。
でもさ、イイ歳の大人の男達が熱くなれるのって幸せだ。
学生時代、大会優勝目指し暗くなるまで練習していたあの頃と全く同じ。

RIMG2987
何十年も出場している僕の師匠は、
力が入りすぎず、かといって本気だったり、
よく分かんないけど、ただ言えるのは楽しむって事。
「遊び位、真面目にやろうぜっ!!」
それがSTYLE。
RIMG3003
そのISMは僕が受け継ぎ、
自分のSTYLEで、「LIFE」を楽しむよって事。
STYLEは人それぞれ、楽しめればそれでイイのだ。
当たり前は当たり前ではなく、幸せな事だから。。。
DAIWA鮎マスターズ、本番は21日。
IRIEでありますように!!


始動

香魚と言われる程、鮎という魚は香りが良い。
そして決め細やかな魚体に、
心を奪われた多くの鮎師達にとって、
7月1日は特別な日なのだ…。2016年、始動!!
短い北の夏の川は、南国より暑く熱い、
一生の宝物、思い出を作り、積み重ねていく。
鮎が居る川こそが、
我々が戻るべきZIONの地だ。

生きていれば、色々あるでしょう。でも生きていてこそ。
全ての事が許され、川に立っている時間をIRIE TIMEとも言う。
これから約2ヶ月強、ヨロシクお願いします。
最高の思い出を作りましょう!!
13533144_510581039136362_2848763504917993028_n
RIMG2897
RIMG2929
RIMG2954
RIMG2958
RIMG2951
RIMG2952
RIMG2906

〜追記〜
釣行河川、タックルデータ、釣果数などよりも、
思い出に残る釣行を今年も記して行きたいと思います!!
更新が少ないですが今年もよろしくお願いいたします♪

取材

少年は土曜の夕方IBCラジオのフィッシュオン岩手を楽しみにしていた。
月日は経ち、今回まさにその番組の取材を受けた。
RIMG2185
舞台は北の2第大河のひとつ、
北上川。
RIMG2198
遠く石巻から遡上してくる海産天然鮎はこの時期25センチを上回る。
その鮎を友釣りの醍醐味である荒瀬から良型を連発させた。
「コンっという小さなアタリ」
そこから荒瀬竿を満月にする強烈なパワー。
RIMG2191
これだから止められない。
これだから、ぞっこんなんだ!!
RIMG2189
まだ未体験ならば、是非、体感して欲しい。
素直に掛かる鮎。
小手先の釣技より、野鮎のパワーと大河の流れとの勝負。
RIMG2193
手中に収めるまでのスリリングさがたまらない。
縄張り範囲を大きく持っているためか、重量も申し分なし!!
RIMG2200
この日は3時間1本勝負、
164が込み13尾でトップ、ついで僕が12尾。
この模様は来週のIBCラジオ、フィッシュオン岩手で♪

支流

北の2大河は北上川・米代川。
天然遡上の濃さは米代川に軍配があがるが、
北上川本流・各支流にもしっかり遡上している。
RIMG2096
人知れず大きな縄張りを持ち、
1匹はみの鮎は25センチを超えてくる固体も。
RIMG2075
こんな場所でも、掛かる鮎は23センチアベレージ。
そのアタリは、ゆるやかで、うぉ〜〜〜んんっという感じか・・・。
RIMG2099
重量のある鮎は、沿岸北部の名川・小本川の鮎にも匹敵する。
トルクフルな引きは強烈だ!!
RIMG2098
数は出ないが、十分な充実感。
セージも大満足!!
RIMG2094
ガイドは、友を大事にし、友の喜ぶ顔を見るのが幸せだと言うJACK。
その言葉通り、ゲストに釣らせる段取りも完璧だ。
RIMG2101
3人それぞれ、十分な釣果、ほどよい疲労感。
北の夏も終盤戦。
そろそろラストスパートだ!!

何かをしてもらったら、何かしてあげようと思う事が大事だ。
もらうばかりでは無く、
良き行いを、友にしてあげよう・・・。
GIVE & TAKE

竿納

2014年の夏。
終わりが早く感じる。
八幡さまのお囃子が聞こえる頃はまだ残暑なはず。
その気配はなく、朝晩の寒さを肌で感じる。
道路脇の秋桜とススキの穂、黄金色の田園を眺めながら、
季節を感じた。
RIMG0553
今日は2014年、鮎の夏、竿納の日。
涼しげに流れる水の中から、
心地よいアタリ。
RIMG0560
まだまだ。
そう思わせる個体の多々。
RIMG0554
だがしかし、季節は着実に進んでいる。
激しいアタリとは裏腹に、
晩期の鮎が掛かる。
RIMG0564
これは、たまたまの個体だろう、
そう思い、鼻管を通し、逆さを打ち、
流れに放つ。
RIMG0562
あと1匹、
あと1匹綺麗な鮎を掛けたなら終わりにしよう、そう思ったが、
サビの入った鮎がまた掛かった。
10時〜3時、18尾の鮎が僕を一喜一憂させてくれた。
今年も遊んでくれて、本当にありがとうね・・・。
BIG RESPECT!!
また来年、逢えるのを楽しみにしています!!

〜追記〜

只今総集編ムービー製作中、
並びに、竿納会も計画中ですので、乞うご期待!!
今季も鮎狂ブログを読んで頂き、ありがとうございました!!
少しでも若者や、次世代の鮎師が増えるように来年も頑張ります!!
ありがとうございました!!

    時刻
  店情報はこちら
kim hairボタン
    リンク
   天気予想!?
    QRコード
QRコード