RIMG2125
北の大河、秋田県・米代川。
今季は例年より遡上が少なく、いまいち調子が上がっていなかった。
ここ数年間、ゲリラ豪雨により、シーズンを通して不調続き。
けど、僕らが鮎釣りにのめり込むきっかけをくれたココへ戻ってきた!!
RIMG2139
肌寒さをも感じるAM。
昨晩の宴の余韻を残しつつ比内エリアに到着。
増水引き水で条件は揃っていたが、
低水温と強風。
まぁそれでも、こうして仲間と釣りができるのは幸せだ。
RIMG2134
度重なる不運で、
今回の釣行に同行できなかったアロハセンセーはそう思っているに違いない。
普通が普通ではなく、幸せな事だと・・・。
RIMG2158
その事は皆思っている。
僕もJACKもセガワ氏も、セージもパパも皆だ。
だからこそ、1日を体いっぱい楽しむのが流儀。
RIMG2138
大河マスター・JACK!!
大河に関しての知識、釣技・川見、3拍子揃った名手。
そして僕が鮎釣りにはまった源でもある。
彼の指示により入川。
それは狂気乱舞の始まりだった。
RIMG2143
太い流れから、次次と掛かる米代トルクフル鮎。
丸々とした魚体、強烈な引き。
瀬・トロからYABAI追いをみせた。
RIMG2151
貸切状態の河原に僕らの雄たけびが響く。
会心の囮操作、思い通りに釣れた時、
雄たけびと共に出るJACKのWガッツポーズが、
遠く離れた下流の荒瀬で見て取れる。
RIMG2152
普段COOLなセガワ氏、雄たけびなど上げる事はないのだが、
マシンガンのようなアタリ、立て続けに掛かる鮎に、アドレナリンMAX。
三つ揃いで雄たけびが響いた。
RIMG2159
IRIE TIME。
IRIE TIME。
IRIE TIME。
ずっと続いて欲しいと思った。
秋が来るのが早そうな今年の夏。
そんな事は無いと、掛けて掛けて掛けまくった。
RIMG2168
だが終わりはある。
けど、また次のドラマが待っている。
RIMG2163
僕らの夏は、まだまだこの先、何十年と続くのだから・・・。
最高のメモリアルを度々提供してくれる北の大河・米代川。
米代川はやっぱり米代川なんだね。
僕がブログを綴る前のあの時以来の3人での釣行。
やっぱりメモリアルになった。
ORIGINAL STYLE & FIRST MEMBER、
BIG RESPECT!!