夏の夕立が蒸したアスファルトを冷やし、
湯気がでる東北道を北上させた。
RIMG2009
途中、比内で1泊して朝靄の県道を日本海方面へ。
着いた先は、本州最北端の鮎の聖地!!
RIMG2011
久々の1泊2日の鮎旅。
ロングバケーションに入っているJACKと、ゆったりまったりの釣行。
ガイドには地元名人、TKG氏。
RIMG2014
初河川のドキドキ感、これから会える金鮎に心を躍らせた。
上流〜下流まで3度の移動で赤石川を堪能させてくれると、
粋な計らいのTKG氏。
RIMG2013
アブ対策も万全で、恒例のロッカーズポーズ!!
最高のロケーション、申し分の無い水質、綺麗な金鮎。
RIMG2016
大人の姿な少年達は、
日々の雑踏から逃れ、異空間でのIRIE TIME。
RIMG2015
せせらぎ、せみの泣き声、アブの大群。
集中する竿の先にはキラリ一閃、
何度も何度も味わった。
RIMG2019
こんな旅ができる環境は幸せだ。
自分の体しかり、一緒に楽しめる友、
遠征に行かせてくれる周りの皆、
各地に居る地元名人、
天気、そして大自然。
感謝の気持ちでいっぱいだ。
RIMG2018
鮎の友釣り、やっていて本当に良かった。
この釣りに出会い最高の幸せを感じる事ができる。
RIMG2020
ひとつひとつの釣行が、自分の体に刻まれ、
それが生涯の思い出となる。
RIMG2024
釣りを終え、日本海を眺めながらのキャンプ。
そこで飲むビールは言い表せないほど最高のビールだ。
RIMG2030
水平線に沈むSUN SETは見れなかったが、
さざなみを聞きながら、ふわふわ状態の僕ら。
RIMG2032
1輪の花は、2人の鮎狂に微笑んでいるように見えた。
「ねぇ君たち、本当に楽しそうだね」
RIMG2037
心地よい疲労と満足感、
PM10時前にこの状態。
JACK曰く、きむ・・・、
「すぅ〜〜〜っと秒殺らしい」
明日は追良瀬川の銀鮎。
ドキドキは止まらない。