鮎狂 

イーハトーブの自然でアドレナリン全開のアウトドア日記。

2014年11月

初陣

鮎釣りが終了し、退屈な日々を過ごしていたある日。
10年来のお客様であるアラさんに、釜石のボートロックのお誘いお受け、
飛びつくように二つ返事を返した。
だがしかし、以前に宮古の遊覧船で船酔いをした事があり、
不安はあったが釣りだば、大丈夫だろうと思い込む。
RIMG0754
6時半出船。
前泊車中泊で準備万端。アネロンも飲んだし・・・。
朝日が太平洋から出る姿、実は初めて見た。
なにせ山育ちなので、海は全くのど素人。
RIMG0757
勿論、船釣りも初体験。
ひとしきりの流れを掴み、
見よう見まねでキャスティング開始。
ご一緒頂いたドクターの皆さんは順調に釣れているようだ。
RIMG0759
そうそう、船酔い、
全くしません!!釣りだとやっぱ意識が違うからかな。。。
141124_094959
凪のようで、コンディションは良いとの事。
竿も新調して、挑んだ初陣。
その時が来た!!
141124_103723
防波堤でしか釣った事の無い僕にとって、
記念すべき1匹目。
この後もコンスタントに釣れるも小型〜中型主体。
それでも2ケ月ぶりの魚信に僕の心は浄化され、
最高の気分で海を後にできたのだった。

〜追記〜
アラさんはじめ、秋田ドクターチームの皆さん、
大変お世話になりました!!
お陰様で、ボートロックにハマリました(笑)
また一つたのしい事が増え、幸せです、AZS!!


思い出の1ページ


もう、20年も前。
高校1年の時、毎日のようにスケートボードに明け暮れていた。
土曜の夜は繁華街で警察と鬼ごっこ。
学校帰りの放課後、ふと立ち寄ったCD屋、ディスクノート。
そこにあったCDを訳も分からずジャケ買い、
そのアルバムはスカフレイムスのファーストアルバム。
軽快なリズムが胸を打ったのだった。

今は無きレゲエBAR、KAYAのフクシさんはジャマイカンミュージックに詳しい人だった。
レコードもイッパイ持っていて、店に通いとにかく聞きあさった。
スカからロックステディ、ルーツ、ラバーズロック・・・etc。
どっぷり、ジャマイカン・ミュージックにのめり込ん
でいったのだが、
やはりスカ・ミュージックが好きだった。
グラっとくる音楽。
これまたレジェンドクラブ、DJ BAR DAI。
クラブという存在を知り、通うようになった。
平日でも満員御礼、外までお客さんが溢れていた。
クラブDJは今と違い、色んなジャンルをMIXし、フロアを沸かせていた。

その合間に流れるスカが楽しみだった。
時は経ち、ついに念願のスカフレイムスのライブを観る事ができた。
感無量。
RIMG0737
心残りは、太陽とこのMeet Me。
聴きたかったし聴かせたかったんだ。
僕にとって特別なバンド、スカフレイムス。
もっともっと聴いていたかったな〜〜〜。




    時刻
  店情報はこちら
kim hairボタン
    リンク
   天気予想!?
    QRコード
QRコード