鮎狂 

イーハトーブの自然でアドレナリン全開のアウトドア日記。

2014年07月

まぁそう言わずに・・・。




北の大河の天然鮎・・・。
遥彼方、石巻からの長旅してくる。
遡上距離は半端ない。
大河の押しも半端ない。
アタリ、半端ない。
引き、半端ない。
達成感??そりゃ、半端ない。
だから、ゾッコンになるんだ!!
ゾッコン、ゾッコンなんだ。
RIMG0151
通常の鮎釣りとは異なる。
考え方を変えないとダメだ。
RIMG0152
オーバーなタックル、
大きすぎる程の針、
それには理由がある。
勝負に勝つとこの綺麗な魚体を見る事ができる。
RIMG0161
まだ大河を知らない方は是非とも竿を出してもらいたい。
こんな世界もあるのだと・・・。
舐めてかかると痛い目に遭う。
掛かるのに獲れない。
RIMG0153
悔しい思いをすると、
勝負に勝ちたいがために、タックルを変える。。。
僕は、故・ホソダ氏にその熱さを教えてもらった。
そのISMはしっかり受け継いでいますよ。
見ててくれてるかな、天国で。
今年も、しっかり遡上してますよ!!
そして、
掛かった鮎は、囮のみキープし、
リリースしてほしい。
また、掛かってくれる事を願いながら。。。
掛ければ掛ける程にゾッコン、ゾッコンになるのだ。
BIG RESPECT!!


〜追記〜
故・ホソダ氏の出来事はクリックで見れます。↓
http://ayukyo.blogo.jp/archives/1468212.html


FREEDOM

快晴・無風のFREEDOM。
RIMG0139
藪をかき分けて、
行き着いた先は・・・。
RIMG0130
最高の瀬。
RIMG0142
待ったなしのマシンガン。
RIMG0146RIMG0149


RIMG0135
大石にデカイハミ跡。
RIMG0129
鼻管を伸ばす程の引き。
北の大河の底力。
午前中勝負で半束の釣果。
囮5本持ち帰って全てリリース。
そう、北の大河は僕的にキャチ&リリースなのだ!!
AZS!!


第1回 KIKI CUP開催のお知らせ&受け付け


10338248_470360803067105_411832356378098517_n


今回、DONこと、アロハセンセーの提案で、鮎釣り大会をする運びとなりました。
ここに集う皆で楽しく遊べれば幸いです。
第1回の会場は、北の大河、北上川!!
今季の良い遡上も考慮し、大鮎バトルの下見がてら、
この河川を選びました。
参加してみたい!!っと言う方は、
コメントにて受け付けますのでヨロシクお願いします☆


〜詳細〜

第一戦 北上川
 第二戦 雫石川 (9/7予定)
この戦いの合計でCUPのリボンに名前が印されます。
 同率の場合は、総匹数で決めます。


 北上川大会は8月24日 6:30南大橋下集合
 競技は7:00から移動は徒歩のみ
11:00検量 時間厳守

 友鮎は各自、厳選2匹持参。

たくさん持ってこれる方は、持ってこない方に分けてやって下さい。

なお、この大会に参加したという事は
死亡、怪我等は自己責任と確認了承したという事とします。

 賞品はありませんが、皆で胴上げしてあげます!!

北の大河 〜荒瀬の背掛かり〜

AM4時、曇り空でパッとしない天気。
だが、戻らぬ夏を大事にしたい、
米代川でのパワーゲームが忘れられず、北の大河へ。。。
川見していると、
RIMG0082RIMG0078
大きなハミ跡が、大石にビッシリ。
期待に胸が膨らむ。
RIMG0084
手前のヨレでまずは弾丸を確保しなくてはならない。
大河の白波の押しに負けない種を開始早々2本取り込み、
本命の荒瀬へ。
RIMG0087
23センチクラスがマシンガン!!
急瀬竿をバットまでガッチリ絞り込んでくれる天然。
RIMG0076
そこからHAPPY TIME。
RIMG0074
次々と背掛かりに。
前回の米代川では背掛かり率2割。
RIMG0086
だが、ここ北の大河は100%。
やる気が違うんだよな!!
RIMG0095
実釣3時間で21本とまずまず。
今季は多くの天然遡上が伺える川の様子。
まだ断定は出来ないのだが。。。
RIMG0097



〜タックル データ〜

竿 硬派 疾 急瀬抜 9.5
水中糸 サンライン メタフレックス 1.25号
ツケ糸 ナイロン0・4
針 アステアTYPE2 8号 3本碇



米代川本流 〜岩盤深瀬〜

夜明けとともに、見え隠れしていた太陽は、
久々の夏空を覗かせた。
今季初となる、北の大河、米代川に遠征。
堰堤上の岩盤深瀬で良型狙い。
RIMG0038
澄み切った青空と同様に、
僕らの気持ちも澄んでいた。
RIMG0053
腰から胸まで立ちこんで、
岩盤のスリットに入れると目印がマシンガン。
コレは唯一の真っ黄色の鮎。
あとは追い星の無い個体が多く、ちょっと残念。
RIMG0052
だが、キメ細かな魚体、
天然鮎は綺麗だ。
平均サイズは20センチ超、
幅広な重量のある鮎が掛かってくれた。
RIMG0045
アタリ、引き、ともにパワフル。
押しの強さも加味して、結構なもの、流石、米代川の天然鮎。
還暦の師匠も2時まで頑張って立ちこんで釣った。
最終釣果は3人で1束。
3連休最終日ともあって、1番鮎はお留守であったが、
十分楽しめる1日となった。
RIMG0048
そんな訳で、
サイトマスター、おソロの3人組(笑)

〜追記〜
今回の釣行、
最後まで針合せができなかった。
師匠も答えがでず。
何使ってもバレが多発した1日だった。




    時刻
  店情報はこちら
kim hairボタン
    リンク
   天気予想!?
    QRコード
QRコード