鮎狂 

イーハトーブの自然でアドレナリン全開のアウトドア日記。

2013年02月

ワカサギ釣り9回目 〜アイスクライミング〜




今シーズンの冬は、大雪・大寒波。
前日が、猛吹雪であった藪川、だがこの日の道中は無風。
星空が透きとおって見える。

今回は、かねてから山立てしていた、セレブ駐車場付近の捜査を敢行。
岩洞湖3年目の僕にはこのデカイ湖にあらゆるポイントが存在し、
行くたびにフロンティア精神をかきたてられるのだ!!

P2250976
この感じは・・・・。↓クリックで振り返れます。
去年のシーズンで1番の冷え込みマイナス23°の世界に似ているような。。。
「ダイヤモンドダストじゃねぇか??」っと言うシェフ。
「いや、違うべぇ」っと言った僕だったが、間違いなくダストであった。
P2250973
暗がりの中、湖面を歩き出すのだが、
大雪の影響で積雪30センチ以上あるので歩きづらい。
僕とシェフは幸いスノーシュー、本家さんは無謀にも長靴のみ。。。
P2250978
息絶え絶えでようやく山立て付近に到着。
このエリアの地形調査を始めたのだが、
間違った手袋のせいで、指先がもげそうになった僕。
先輩達を稼がせて僕はただ指示を出す(笑)
シェフの鼻水は氷柱になり、本家さんの腰も限界。
結局1発目に開けた穴が本日の釣り場となった。
P2250985
無事にKOBIGAYA指定・大型基地が完成したのは7時を回っていた。
恐ろしく冷え込んだ岩洞湖面は恐らくマイナス24°はあっただろう。
P2250989
キャプテンの的確な指示は頼りになる。
その前向きな精神に助けられる事になるのだった。。。
P2250980P2250979

P2250982P2250981
暖を取りつつ釣りを開始すると、
良型のバージンワカと思われる魚が次々と釣れる。
それもそのはず、
今までに1度もテントが立っいるのを見た事がないからね!!
P2250983
キャプテンも安堵のチリトマ。
前日バリバスカップに出場した、本家さん&千秋さん。
2連続の釣行なのだが、
僕のフロンティア釣行に、何も言わず付き合ってくれたのだ。
未開の地はドキドキで1匹目がなんとも嬉しいんだよね!!
P2250988
すっかり昇った太陽が照らす、
極寒の岩洞湖の景色は何度みても素晴らしい。
だが、帰り道を見ると、駐車場までの距離が遠すぎる。
さらに朝よりも湖面が歩きづらく、膝まで刺さる状況に。
そこで最短移動を決行するため僕がリサーチしに!!
P2250990
小さく見えるのは、キャプテン&シェフ。
1直線上に登りきる事ができれば、高速バーンが待っている。
P2250991
スロープがなだらかに見えるのは、深雪のせい・・・・、
なんの事はない崖であったが、後に引けずチャレンジすることに!!
o0640048012434408634
画像では、すぐそこに道路が見えているので、
楽勝を思わせるのだが・・・・、
o0640048012434408637
吹き溜まりになっていて、
思うように進めない。
o0640048012434408636
大型基地を載せた鮎狂号の重さ30キロ強、
シェフと二人がかりで1歩1歩上に上げる。
P2250993
白樺の木に、鮎狂号をカラビナでつないで、ビバークさせておき、
3人で山頂からロープで引き上げる作戦!!
o0640048012434413113
体制を整え、
ロープを引いたその時!!!!!









































o0640048012434416765
なんと、ソリ本体のロープが急勾配の崖の角度によって、
負荷がかかりすぎて、ほどけてしまい、
来た道を一人で滑り降りてしまったのだ。。。。。
ここまでの苦労が水の泡になった瞬間、
大爆笑!!
なぜか??
我々はフロンティアマンだからだ!!
キャプテンは言った。
「また地道に頑張るべ」
僕はその一言に奮起し、
o0480064012434435625o0480064012434435627
今来た道を引き返し再び、
崖の手前まで鮎狂号を引き上げた!!
後はカラビナをフッキングし、一気にソリを引き上げた。
今度はバッチリと上手くいった。
なんとも言えない達成感。
道路に出て唖然とする。
第2ワラビーの駐車場が目前であった。
暗がりで位置関係が分からずの作戦ミス(笑)
本当のセレブ付近とは大きく外れた5番付近の釣行となった。


〜追記〜
次回こそ真のセレブエリアを攻めたいと思う、
フロンティアチーム。。。。。
釣果
キャプテン→57匹
シェフ→33匹
きむ→59匹

ワカサギ釣り8回目

春が近づくにつれ、どこか寂しげな岩洞湖。
今回は人気薄の第1ワンドに。
ガイドはもちろん・・・・・。























P2180958
マニアック釣り師、てっちゃん。
第1ワンドの主でもある。
P2180960
ちょっと外すと、まったく反応が無いこのエリア。
てっちゃんに山立てしてもらい、
スタート!!
今季が2シーズンめとは思えない手返しを見せるシェフ。
仕掛けの取り付け、餌付け、目が見えねぇ〜〜〜、
っと言いつつ誰よりも早く仕掛けを下ろす。
本当は見えてるんでねっ??(笑)
P2180955
開始から、なぜか僕の竿にアタリが無い。。。
だが、この2人は、次々と釣りあげる!!
P2180949
久々登場、こーちゃん(笑)
僕の親戚なんで、鮎狂確定。鮎釣りしないけど(笑)
こーちゃんも2シーズンめだが、まずまずの手返し(笑)
P2180950
1時間程立ってようやく僕にもポツポツと釣れだしてくれた!!
んでも渋いな〜〜〜。
P2180954
そんな状況でもマニアッカーは釣るのだ!!
余裕の偵察を決めている時すでに50匹オーバー!!
釣技をレベルアップさせないと数が出せないのはどの釣りでも一緒なのだ。
P2180965
帰りはもちろんレストハウスでソフトクリームを決める!!
しっかし、こうちゃん、ユトリ世代(笑)
僕、キチガイ(笑)
シェフ、カンレキ(笑)
てっちゃん、ムッツリ(笑)
P2180966
残りのシーズンも後1ヶ月??
季節は確実に移り変わっているのだ。。。。。

〜追記〜

釣果

ムッツリ→70匹オーバー
カンレキ→40匹位
キチガイ→42匹
ユトリ→38匹

ワカサギ釣り7回目




時より吹く突風に一抹の不安を覚えながら、
仲間が待つワラP〜に向かう。
毎回お世話になっている工藤酒屋さんに寄って、
釣況を聞くが、思わしくないらしい。。。
P2110907
今回は、千秋さん・パパ・LP氏・KENさん、僕の5人。
祭日の月曜日は僕の唯一、みんなで釣りができる楽しみである。
P2110910
向かうは前回と同様10番付近。
踏み外さなければ比較的、歩き易い氷上散歩。
運動不足解消には、もってこいなのだ!!
P2110917
テント2張り、パパ&KENさんチーム、
2人とも、帽子かぶらなくて寒くねんだべがっ!!
KENさんの帽子無しのジェントスが、なんかツボな僕でした(笑)
P2110919
釣り座が完成したらば、焦らず、指定パンで朝食!!
どぅせ釣れるの7時過ぎてからだしな。
P2110925
素晴らしい朝日である。
何回見ても心奪われるイーハトーブの自然。
130211_073403
そしてKOBIGAYAから、LP氏。
リールを使わない釣技は、エロティックである。
しなやかな手つきは、まるで・・・・。
P2110924
そしてR2・D2を封印してクリ兇任裡嘉疥、
近代釣法まっしぐらのシェフ。
自作の鬼渋り仕掛けを駆使するが、
自分が鬼渋りとなり、
あっという間に仕掛け2ケをパァー(笑)
「朝のラッシュは手返しのイイ仕掛けだじゃ!!」きむ
「それも、そうだな」千秋さん
何も釣れている時に鬼渋りなど、
使う必用はないのである。。。
P2110926
そして好調の、この2人。
静かだな〜と思ってたらば、ラッシュだったらしい!!
順調に釣果を伸ばしていると、
徐々に風が強くなり、テントが飛ばされそうに!!
P2110927
植野工務店2代目、頭領の指示で、
ペグを打つ。
手が麻痺するほどの強風の中での作業中、
P2110928
一人テントに残り、
こんな物を作っていた、シェフ。
カレーうどんらしい(笑)
P2110922
っで僕はやはり、KOBIGYA指定で決める!!
LP氏は???
P2110690s
はいっ、
きむの管理不足で、焦がしてしまいました(汗)
すいませんでした。。。(汗)
P2110932
そんなオヤジ達の氷上遠足は10時をもって終了。
少し早上がりなのだが、十分楽しめた釣行となった。
P2110937
テンションの高そうなLP氏、
それはカラ元気。
ギャンドウブラックホールにドリルを奉納したのだ。
P2110934
強風ギャンドウ、サンクス☆


〜追記〜

釣果は、
きむ42匹・千秋さん43匹・LP氏38匹・パパ56匹・KENさん52匹。
午後の僕はというと、
最終日の小岩井農場に。
ワカサギ道具ではなく、お嬢&RIZを乗せて、トナカイに。。。

ワカサギ引っかかり外し機

この間のワカサギ釣りでの発見。
岩洞湖は、徐々に氷の厚みが増していき、
取り込みの際、横に走られると、ヘリに引っかかってしまう。
そんな時はコレ↓
130206_100147
鮎用根掛かり外し。
これ、買ったはイイけど、
現場で使いづらいので、放置していたのだが。。。
まさか日の出を見るとは!!
教えてくれたGONさん、AZS!!

〜追記〜
NEWリンク追加です!!
電動ドリルの第一人者、tacoさんのブログです!!

taco部屋へようこそ

ワカサギ釣り6回目


遠い南の島、JAMAICAでは、こんな日の事を、こう言う。。。
IRIE TIME!!
幸せな、気分がイイ、そんな時間。



早朝4時、いつも通りの出発。
無風でパリッと冷えた外気、そして満点の星空。
P2040884
岩洞湖は山の上。
だからこその素晴らしい情景は真冬ならではで、僕は好きだ。
今回はゲストにセガワ氏をむかえ、
P2040886
チーム・ポテトの皆さんと共に花園付近を目指す。
週末の雨で凍った氷上は歩きやすく、
先週とは嘘のように、どこまでも歩けそうだ。
P2040887
目的地は10番!!
きむの独壇場、根拠はないが、10番は釣れる!!
っと言う事で、釣り開始は6時半。
P2040889
早速、仕掛けを投入すると、
待ってましたと言わんばかりに入れ掛かりに!!
セガワ氏、久しぶりのワカサギ釣りで、飽きない程度の魚信に大満足!!
「さいっ!!!!!}
っとたまに、喋る言葉が僕のツボだね(笑)
ちなみに、失敗した時に言う単語だと、猟師さんが言ってた。。。
P2040888
そして、鮎狂指定、豆パンで朝食。
ランタンで温まったマーガリンがたまりません!!
是非お試しください♪
P2040891
そこそこ釣れている僕らと少し離れてテントを張った、
チーム・ポテトさん。
釣果が、おもわしくないみたいで、お引越し!!
いち早くヨースケさん到着!!
P2040892
みんな、こっちさ、こっ!!
って事で、賑やかIRIE TIME。
僕らの超爆釣モードを思わせるトーク、
何の事はない、普通に釣れているだけだが、
盛って盛って楽しむのだ(笑)
P2040896
そして今回の大収穫は、I藤料理長による、
ワンポイントレクチャー!!
教えてもらった通りに実行すると、面白いようにアタリが取れるように。
どうやら、ちょっとしたズレがあり、相当数のアタリを見逃していたらしい。
I藤料理長には、僕の見えないアタリを、
「ほらっ今来た、ほらっ、」
僕には全く分からなかった(笑)
ですが、レクチャー後の釣果は言うまでもない!!
I藤料理長、
ありがとうございました!!
P2040893
そして、快晴の岩洞湖に、ミカワさん、初参戦!!
今日のような絶好の釣り日よりは驚異の引き。
P2040897
そして、釣果も30匹オーバーとNICE!!
SATORUさんはいつも通り、キチッと釣果をあげている♪
P2040899
スーさんには、
電動ドリルについてのワンポイントアドバイスを頂き、
大変、参考に。
P2040898
GONさんには、鮎用根掛かり外しは、
ワカ外しにピッタリっという、イイ事を聞いてしまった!!
確かに瀬で使えないからな(笑)
P2040894
氷上の楽しみは、なにも釣りだけではない。
KOBIGAYA指定トマチリもしっかり頂く。
P2040901
今回も岩洞湖ではレアなフォースを決め、ニコニコの、
シェフは鍋焼きウドン、卵2ケ入り(笑)
ちなに最近僕がハマっているトマチリを食わせた所、
「うまい」のお墨付きを頂いた。
昔からある商品なのに、食べた事が無かった僕とシェフ。
これまたイイ事知ったね!!
P2040902
飯を食べると戦意喪失するシェフ。
110匹釣った所で、
みんなと談笑。
僕も12時にキッカリ110匹でいつも通り納竿。
セガワ氏は納得の80匹。
あれだけ騒いでいるのに、大した釣果ではないのだ(笑)
楽しさを100%引き出して遊ぶのが僕らの流儀!!
釣りが大好きなんだよね!!
P2040903
帰り道にテンションの高い僕らの会話に気が付づき、
テントから声を掛けて頂いたのは、
takoセンセイ、
お弟子さんと一緒の所に遭遇。
流石の釣果でビックリです!!



〜追記〜

マッタリとした、イイ時間は穏やかな陽気とともに過ぎていった。
皆が集い、
魚信に喜び、大笑いした。
チーム・ポテトさんもまた、イイ時間が流れている。。。
見かけは大人だが、
ここに集った皆は、あの時、間違いなく少年達であっただろう。
そんな気持ちになれる釣りって、やっぱし最高だねっ。
IRIE TIMEをありがとうございました!!

    時刻
  店情報はこちら
kim hairボタン
    リンク
   天気予想!?
    QRコード
QRコード