2014年の夏。
終わりが早く感じる。
八幡さまのお囃子が聞こえる頃はまだ残暑なはず。
その気配はなく、朝晩の寒さを肌で感じる。
道路脇の秋桜とススキの穂、黄金色の田園を眺めながら、
季節を感じた。
RIMG0553
今日は2014年、鮎の夏、竿納の日。
涼しげに流れる水の中から、
心地よいアタリ。
RIMG0560
まだまだ。
そう思わせる個体の多々。
RIMG0554
だがしかし、季節は着実に進んでいる。
激しいアタリとは裏腹に、
晩期の鮎が掛かる。
RIMG0564
これは、たまたまの個体だろう、
そう思い、鼻管を通し、逆さを打ち、
流れに放つ。
RIMG0562
あと1匹、
あと1匹綺麗な鮎を掛けたなら終わりにしよう、そう思ったが、
サビの入った鮎がまた掛かった。
10時〜3時、18尾の鮎が僕を一喜一憂させてくれた。
今年も遊んでくれて、本当にありがとうね・・・。
BIG RESPECT!!
また来年、逢えるのを楽しみにしています!!

〜追記〜

只今総集編ムービー製作中、
並びに、竿納会も計画中ですので、乞うご期待!!
今季も鮎狂ブログを読んで頂き、ありがとうございました!!
少しでも若者や、次世代の鮎師が増えるように来年も頑張ります!!
ありがとうございました!!